意外な落とし穴!?信用取引をする上で注意するべき点

信用取引は損失が膨らむから怖い!?

信用取引は、株取引の手法の幅を拡大してくれる有用な手段です。しかし、漠然と「信用取引は損失が膨らみやすく怖い」といったイメージを持つ人がいます。実際、信用取引は現物取引と違って3倍程度まで取引規模にレバレッジをかけられるため、利益と同様に損失も拡大しやすいのは事実です。追証が発生するリスクもありますが、知識なども無く無理無謀な取引でもしない限りはこうした事態に陥る可能性はあまり高くないので、漠然とした恐怖感に縛られるのは逆に不合理だと言えるでしょう。

信用取引には現物取引に無いコストがかかる

一方で、信用取引には構造上特有の制約などがかかってくるため、こちらを把握しておらずに予想外の損失が生じてしまうという事態に陥りかねません。信用取引を始める前にしっかりとそのシステムを把握しておきましょう。まず、信用取引は構造上は借金と同じですので、借りた株に対して金利がかかります。証券会社によっては独自の金利賦課システムをとっているところもありますが、概して日割りで金利がかかることが多いため、信用取引をする際には+αの資金がかかるということを知っておきましょう。

信用取引は取引できる期限が決められている

信用取引が借金と同じ構造であるという点は、他にも様々な影響を及ぼします。金利と同じく注意すべきなのが、信用取引では株を借りれる期間がおよそ半年ほどであるという点です。借金の返済と同じく株にも返済期限があるわけですが、この返済期限が来ると、例えその先で利益が出る可能性が高かろうと強制的に決済されて手仕舞いを余儀なくされてしまいます。日割りでかかる金利がかさむことと考え合わせれば、個人投資家が信用取引を行う際は短期決済を心がけるようにしておくべきでしょう。

貴金属や先物などの信用取引のメリットやデメリットについては、個人投資家にとって重要な課題として捉えられるようになっています。

Back To Top