企業で働く事務職に浸透している簿記の資格

仕事をする上で身近な簿記の資格

現在、事務職の転職において簿記の資格を持っていることが応募条件になっている企業が多いほど、浸透した資格になっています。商業高校を卒業した人であれば在学中に資格を取得することが必須になっているところも多いです。普通科の高校ではそのような専門性の高い勉強をするところは少なく、社会人になるまで簿記とは接しない人も多いです。その点、商業高校であったり、また専門学校を卒業した人は専門性の高い資格や技術、知識を持っている人が多いです。

仕事をしながら取得する

そのような状況にない人は、社会人になって働きながら専門学校に通って簿記の資格を取得する人も多いです。会社で経理部に配属になっている人であれば、実務面から入ることになりますが、勉強していても実際に業務にも携わっているためにケーススタディでも実感しやすく、また不明な点は上司や先輩に確認もできるために勉強したことが身につきやすい環境にあると言えます。そのため社会人になって資格を取得した人の多くは実務経験も兼ね備えている場合が多いです。

切磋琢磨して取得する簿記資格

逆に資格だけ取得していて実務経験がない人もいます。資格を持っていれば実務もできるという訳ではなく実務上の経験が実際の仕事では有効になります。そのため資格を持っている人は実務を通して更なる高みの資格を目指したりするきっかけにもなります。簿記の資格は日々の積み重ねによって身についていくために長い間簿記に携わっていると知識が増えてきます。また経理部に所属していると他のメンバーが資格を取得したことが自分が資格を取得するきっかけになることもあります。

簿記の講座を利用することで、経理や財務、会計などの専門的な知識を身に着けることが出来、将来的にも沢山のメリットがあります。

Back To Top