自己破産を行うその前に!弁護士費用とその効果とは?

自分で自己破産を行うのは大変

自己破産とは、今まで自分がしてきた借金のを裁判によって無くしてもらう手続きなんですよ。自己破産は、法律で定められている手順に従って行わなければならない為に、しっかりとした準備が必要となるでしょう。例えば、自分がどのような理由で借金を支払う事が出来なくなってしまったのかを裁判官に対して説明する必要が出てくるでしょう。その時に、あいまいな説明をしてしまったり、十分な説明が出来なかった場合には自己破産が認められないケースが多いんですよ。

弁護士に自己破産を依頼する費用とは

自己破産を行う場合、法律に詳しい弁護士に相談をした上で裁判を行うのが最も効果的でしょう。法律相談を行う場合の費用については、初回の相談については無料で行っている事務所が多いです。そして、現在の借金の金額によって自己破産が成功した場合の報酬が大きく変わってくるでしょう。自己都合で膨らんでしまった借金の場合には、依頼の費用が高額になってしまう場合もありますが、免責が認められれば状況は良くなりますので、積極的に弁護士を利用するべきですよ。

裁判の結果による弁護士費用の違い

自己破産の裁判を行う場合には、借金をした理由や返済の見込みなど、あらゆる面で裁判官からの質問を受ける事になりますよ。そこで、弁護士に事前に書類を作って貰う事により、実際の裁判で有利な証拠として採用されると自己破産が成功する可能性は上がるでしょう。裁判の結果によって弁護士に支払うべき報酬の額は変わりますが、初回の無料相談の段階である程度金額の目安を教えてくれる事務所を選ぶと良いですね。自己破産だけでなく、免責の許可までしてくれる事務所の場合、費用は増額となる傾向にありますが、利用する価値は十分だと言えるでしょう。

自己破産を検討しているときには、将来的なメリットやリスクに関して、あらゆる角度から把握をすることが求められます。

Back To Top